天台宗

寺院葬・寺院・霊園なら聖香廊

天台宗のご葬儀

葬儀の作法はそれぞれの宗派によって異なってきます。 そして、大乗仏教の宗派のひとつである天台宗(てんだいしゅう)も、特徴のある葬儀だといえるでしょう。 ここでは、そんな「天台宗」の内容や葬儀の流れをご案内していきます。

スポンサードリンク

天台宗とは

天台宗は、平安時代初期に日本に伝えられた大乗仏教の宗派のひとつです。 入唐した最澄(伝教大師)によって広められた天台宗は、その後多くの宗旨がここから展開されていったといわれています。 そんな天台宗の葬儀では、「授戒」と「引導」を中心に進行していき、故人と遺族が共に仏道をいけることを目的とし、執り行っていきます。

天台宗の葬儀の流れ

この項目では、天台宗の葬儀の流れをご紹介していきます。

『葬儀の流れ』

①通夜・臨終
天台宗では元々臨終にあたり、臨終行儀(りんじゅうぎょうぎ)という儀式を執り行う風習がありました。 しかし、最近では省く事がほとんどとなっています。 通夜では、阿弥陀如来のお迎えを頂戴するお経が唱えられ、故人の新霊の浄土への引入を祈っていきます。

②葬儀式
「衆生は全て仏性を持っているため、必ず仏になることができる」と教えを説いている天台宗では、葬儀を執り行うにあたり、お釈迦様と縁を結ぶことに重きをおいていきます。 そのため、故人が心も身体も仏の弟子となれるよう、儀式を行っていくのです。

③身体と心を洗浄にする
まずは、故人の身体を洒水(水で清める)と塗香(香りで清める)で清めていき、髪を剃ります。 次に、心を洗浄していくために懺悔の文を唱えていきます。

④授戒
心と身体を清めたら、仏の教えを授かっていきます。授戒では、

  • 1.帰依仏
  • 2.帰依法
  • 3.帰依僧

以上三つの戒めを授かります。

⑤戒名
戒を受け終わると、その証としまして戒名を授かります。 ちなみに、戒名はお釈迦様の弟子としての名前となるのですが、その名は法名と呼ばれる事もあります。

⑥引導・下炬(あこ)
全ての準備が整い、故人をお見送りしていきます。 引導では、故人が仏の教えによって必ず成仏することを、旅立ちの餞として言い渡していきます。 次に、下炬の儀式では霊棺に松明で火を付ける準備を行っていきますが、実際に点火をすることはありません。
釈尊の最後に倣って、火葬の儀式を執り行っていきます。

⑦出棺
葬儀の最後には、十返の念仏を唱えていき出棺を行っていきます。

焼香

天台宗の焼香の回数は一般的に3回とされていますが、略儀の場合1回になる事もあります。 また、焼香を行なう際は合唱礼拝を忘れずに行なうようにしましょう。

スポンサードリンク

宗派別ご葬儀のご案内

↑ PAGE TOP