家族葬

寺院葬・寺院・霊園の事なら聖香廊

家族葬とは

家族葬 画像
スポンサードリンク

家族葬とは、家族などの親近者や親しい友人など小規模に行う葬儀のことを言います。 家族葬を行うにあたり、親族はどれくらいの範囲まで声をかけるべきか悩む人も多いでしょう。 一般的な親族の範囲や葬儀の流れ、相場などを紹介していきます。

葬儀の流れ

御臨終から葬儀の流れを家族葬の場合はどのように行うのか見ていきましょう。 家族葬の場合、少人数で行う葬儀になるため事前に身内で話し合う必要があります。 その後葬儀会社へ連絡をし、寝台車の迎え時間と場所を伝えます。 葬儀までの流れとしては、一般葬と大きく変わる部分はありません。

1.寝台車お迎え・故人の搬送

自宅安置をしない場合、あらかじめ葬儀社と決めておいた迎えの場所や時間に寝台車が迎えにきます。 安置施設へ搬送されると、冷蔵施設など設備が整います。

2.葬儀会社と打ち合わせ

葬儀会社と打ち合わせを行い、葬儀プランや通夜、火葬の日程や火葬場所、遺影の写真などを決めていきます。また喪主や役割なども決めていくので、事前に親族で決めておくとスムーズに打ち合わせが進みます。

3.親戚や知人への報告

通夜や葬儀の日程が決まったら、親戚や知人へ連絡を行います。 家族葬の場合は少人数で行う葬儀ですので、参列してもらいた人に先に連絡をします。

4.納棺

故人を棺に納めて会場まで搬送します。 故人の愛用していたものなどを準備し、ご遺族や親族立ち合いの元で納棺します。

5.通夜

僧侶による読経や参列者の焼香などが行われます。 親族のみで取り行いますが、通夜に参列したいという方もいらっしゃるかもしれません。 通夜ぶるまいを行う場合は、準備は事前にしておきましょう。

6.告別式

僧侶と参列者を迎えて葬儀を行います。 僧侶による読経と焼香を行い、最後に遺族代表者である喪主が挨拶を行います。

7.お別れの儀式

最後に故人と別れの時間を過ごし、出棺します。 棺を霊柩車に乗せて火葬場まで運びます。 火葬場までは遺族や近親者のみが同行します。

8.火葬

棺が火葬炉に入ってから1~2時間で終了します。 火葬を終えた後に骨揚げを行います。 喪主から順番に故人の遺骨を骨壺に納めていき、最後に包まれた骨壺を受け取ります。

親族を呼ぶ範囲

家族葬は名前の通り、家族や親族など少人数で行われます。 家族葬の場合、一番悩まされる部分は、親族でもどの範囲まで声を掛けるかという点でしょう。 明確な定義はありませんが、基本的には故人の親・兄弟姉妹・配偶者・子供・孫など血縁の近い家族となります。

親しい友人なども声をかける場合もありますが、一般葬と違って礼儀的で社交辞令的な参列のない葬儀です。 故人とのお別れを静かに行うために親しい身内のみで行いたいと考える葬儀のため、通常は20人前後で行われます。

親族から直接連絡を受け、葬儀の詳細を伝えられた場合は、参列を前提としたお知らせとして受け止めます。 また、書面で訃報を伝える場合は、朗報のみを伝えたり家族葬である旨を記載するようにしましょう。

家族葬のメリット・デメリット

家族葬は徐々に増えてきていますが、一般葬と違ってどんなメリットやデメリットがあるのか見ていきましょう

メリット

・自由度が高い
一般葬に比べると自由度が高く、弔問客への対応や葬儀の手間も少なくなっているので自由度の高い葬儀です。そのため、葬儀内容も比較的自由に決めることが可能です。

・葬儀の準備時間を減らせる
急な別れに気持ちの整理がつかないまま葬儀の準備に追われることが多くなっています。 しかし、家族葬であれば、会場の規模を考えたり、香典返しの準備や食事など準備の必要がありません。

・ゆっくりとお別れができる
また葬儀の準備に追われることも少ないので、ゆっくり故人との別れの時間を過ごせます。 参列者の対応に追われることもありませんので、気を遣う必要もありません。

デメリット

・葬儀後に弔問の対応に追われる可能性がある
家族葬を行うと、故人の交友関係が広かった場合、お別れができなかったという外部の人が多数出てきます。 そういった場合は、後日弔門に訪れたいと考えるものです。 すると一般的な葬儀の場合よりも葬儀後の弔門が増えてしまう場合があります。

・周囲の理解が必要
家族葬を行う場合は、葬儀に参列できない親族や知人などの理解が必要です。 また少人数で行う為、香典収入は少なく場合によっては葬儀費用が賄えないこともあり得ます。 そのため周囲に理解してもらった上で、家族葬を行う必要があります。

家族葬の相場

家族葬を行うにあたり必要な費用は、基本的なプランであれば50万円前後になります。 しかし、オプションなどを加えていくことになるので結果的には100万円前後の費用が必要となります。 家族葬は、一般葬と違い少人数で行うため自由度が高めです。 そのため葬儀内容もさまざまになるので、実際に見積もりを取らなければ分からない部分もあります。 葬儀会社によって基本プランに含まれる内容も変わってくるので、平均を知ることは難しくなっていますが大体50~100万円前後になると考えられます。

スポンサードリンク

費用・プランのご案内

費用・プランのご案内

[特集]お布施の包み方

↑ PAGE TOP