弔い上げの三十三回忌

寺院葬・寺院・霊園の事なら聖香廊

弔い上げの三十三回忌

一般に三十三回忌と言えば「弔い上げ」といって、一区切りをつけて最後の法要とすることが多くなりました。仏教の場合は、亡くなって32年経つと全ての方の生きている間に行った罪が無罪放免となり、極楽浄土に行けると言われているのです。つまり三十三回忌とは、故人が極楽浄土に旅立つ大切な儀式とも言えますので、このタイミングで弔い上げを希望する遺族も多いのでしょう。そんなことから(地域や宗派にもよりますが)他の年忌法要と比べて、三十三回忌は盛大となる傾向にあります。

スポンサードリンク

弔い上げとは

基本的には三十三回忌でも「弔い上げ」でなければ、今までの法要と同じことを行います。読経を僧侶にあげてもらい、説法を聞いて、参列者と一緒にお墓参りをする。その後、故人を偲びながら参列者と会食(お斎)へと進みます。 「弔い上げ」となった場合は、故人も先祖の仲間入りをすることになります。具体的には仏壇に置かれている故人の戒名が刻まれた位牌も片づけられ、先祖代々の位牌と合祀されるのです。このような事をお寺にお願いしなくてはいけませんから、弔い上げを希望するのであれば、その旨を事前に菩提寺の僧侶に伝えましょう。 またお墓を守る方がいないとか、子供達が遠方でなかなか供養に来られないなどの事情がある場合は、三十三回忌が終わってから、菩提寺に永代供養をお願いすることも多いようです。これにより、お寺が故人を供養をしてくれるので、将来無縁仏になってしまうなどの心配を避けられます。

三十三回忌だけを行う場合

三十三回忌だけを行う場合は、お布施も節目の法事と同じく3~5万円、そしてお膳料やお車代を用意します。

弔い上げとなった場合は、宗派や地域によっては僧侶が複数人で読経を上げるとか、2日間にわたって法要を行うこともあります。その時はもちろんお布施も高額となりますが、今までの法要と同じく僧侶一人の読経だったり、数十分で読経が終わる場合は、特にお布施を高くする必要も無いでしょう。 ただし永代供養をお願いする場合は、お布施として菩提寺に一定の金額を納めます。一般的には50~60万円前後とも言われているので、まずは僧侶と相談して下さい。

スポンサードリンク

法要のご案内

↑ PAGE TOP