お布施の包み方

寺院葬・寺院・霊園なら聖香廊

お布施の包み方、渡すタイミングの5つのポイントを解説します

お布施の包み方、渡すタイミングの5つのポイント 画像
スポンサードリンク

お布施(おふせ)とは、僧侶へお渡しするお礼のお金のことをいいます。
あくまでもお礼であって、読経や戒名をつけたことへの対価ではないので、読経代や戒名代とはいいません。身内の葬儀や法要の際に、僧侶へのお布施が必要になり、慌てた経験がある方も多いのではないでしょうか。今回はそんなお布施について詳しくご説明します。

  • 1.奉書紙ってなに?水引はいるの?
  • 2.表書きはどうやって書けばいいの?
  • 3.お布施を渡すタイミングがわからない!

このように悩んでいる方は、最後まで読んでいただければ疑問が解消できます

お布施を渡す前の準備

お布施を渡す前の準備 画像

僧侶へお布施を渡すことになったら、直前になって慌てることがないよう、しっかり準備していきましょう。

お布施の包み方

お布施を包む方法には、半紙に包んだものを奉書紙で包む方法か、白い封筒に入れる方法の2種類があります。

奉書紙を使う包み方

お布施の包み方では、奉書紙を使用する包み方が丁寧でよいとされています。奉書紙とは、しわのない上質な和紙のことをいいます。100円ショップや文具店、インターネットでも購入することができます。奉書紙には裏表があり、書道で使う半紙と同じで、つるつるしている方が表面です。奉書紙を使用してお布施を包む際には、まず半紙にお札を包みます。この状態のものを「中包み」といい、あらかじめ封筒状になっている「中袋」にお札を入れることで代用もできます。どちらが丁寧というきまりもないので、用意しやすい方を選ぶようにしましょう。用意した中包み(または中袋)を奉書紙で包むことで完成です。ちなみに、中包みを奉書紙で包んだものを、「上包み」と呼びます。上包みを折る時は、慶事の折り方をします。お布施は僧侶にお渡しするお礼で、不祝儀ではないからです。

白い封筒を使う包み方

準備する時間がなく奉書紙が用意できないときには、市販の白い封筒を使用することもできます。このとき用意する封筒は、郵便番号欄が印刷されていない無地の封筒を選びましょう。封筒にあらかじめ「お布施」と印字されているものも使用可能です。二重の封筒を使用すると「不幸が二度起こる」と連想させるので、好ましくないとされています。中が見えないようにと二重の封筒を使ってしまいがちですが、ここでは一重の白封筒を使うのが正解です。

お布施を包む際の水引

お布施を包む際の水引は、ない方が丁寧であるとされています。 ただし、地域によっては水引をつける風習があるところもあるので、事前に確認をするようにしてください。

スポンサードリンク

お布施の表書きの書き方

次に、お布施の表書きの書き方についてご紹介します。

表書きに使用する筆記具

お布施の表書きに使用する筆記具は、筆ペンが一般的です。お布施は弔事ではないため、薄墨ではなく、普通の黒墨を使います。筆ペンが用意できない場合は、サインペンでも代用可能です。

お布施の表書き

お布施を奉書紙で包む場合でも、白い封筒に入れた場合でも、同じように上包みに表書きをします。上包みの表面・上の方に「御布施」「お布施」と書きます。表書きに名前も書く場合は「お布施」と書いた下にフルネームまたは、「○○家」のように書き入れます。なお、お布施の表書きは何も書かなくてもよいとされていますので、白紙のまま渡しても問題ありません。

中包みや中袋がある場合の表書き

中包みや中袋がある場合は、まず中包み(中袋)の裏面の左側に、住所と氏名を書き入れます。次に、中包み(中袋)の表面の中心に金額を書きます。このとき、金額の頭に「金」と書き、数字は旧字体の漢数字を使うことが丁寧とされており、改ざんを防ぐ意味もあるので、忘れずに対応しましょう。

お布施のお札の入れ方

お布施にはお札の入れる向きにもマナーがあります。中袋の場合、封筒の表が上になるように持ち、お札の向きは人物が描かれた面を上に、肖像画が最後に封筒に入る向きで入れましょう。中包みの場合は、上包みに包む際に、肖像画が上にくる向きで包みます。用意するお札は、必ずしも新札である必要はありませんが、ボロボロのお札は避け、できるだけきれいなお札を使用するようにしましょう。

お布施を渡すときのポイント

お布施の準備ができたら、いよいよお布施を渡します。

お布施を渡すタイミング

お布施を僧侶にお渡しするタイミングは、合同法要か個人の葬儀かによって変わってきます。

合同法要の場合
合同法要の場合、お寺の入り口に受付が用意されていることがあり、受付の方にお布施をお渡ししますが、受付がない場合は僧侶に直接渡します。法要が始まる前に声をかける時間がある場合にはそのタイミングで渡し、忙しそうであれば無理に引きとめることはせず、法要後、お礼のあいさつをするタイミングでお布施を渡します。

個人の葬儀の場合
個人の葬儀の場合は、葬儀が始まる前にあいさつをするタイミングでお布施を渡すことが多いです。葬儀社の担当者がタイミングを見て声をかけてくれます。会葬者の対応などで時間がない場合は、式が終わってからでも問題ありません。どちらの場合でも、「本日はありがとうございます」のようにひと言添えながら渡すようにしましょう。

お布施の渡し方
お布施を渡す時は、直接手渡しするのではなく、お盆にのせる方法が好ましいとされています。切手盆や祝儀盆と呼ばれる黒いお盆を使用します。手元にお盆がない場合、葬儀社が用意してくれることもあるので、前もって相談してみましょう。どうしてもお盆が用意できない場合は、袱紗を使用します。あらかじめお布施を袱紗で包んでいるものを、僧侶の前で開き、袱紗の上にお布施をのせて渡します。

お布施の包み方、渡すタイミングの5つのポイントのまとめ

今回はお布施について、以下のような内容をお伝えしました。

  • 1.お布施を包む際は、奉書紙を使用するのが丁寧とされている。
  • 2.白封筒を使う場合は、無地のものを選ぶ。
  • 3.表書きを書く筆記具は、黒墨の筆ペンを使用する。
  • 4.お布施を渡すタイミングは、僧侶に配慮したタイミングで。
  • 5.お布施は手渡しではなく、お盆にのせて渡す。

なお、お布施はお礼の気持ちで渡すものなので、金額にきまりはありません。お寺によって考え方も違うことがあるので、わからなければ直接聞いてみましょう。お布施を用意するタイミングは突然やってくることが多いです。いざというときに慌てずに済むよう、しっかりと覚えておきましょう。

スポンサードリンク

費用・プランのご案内

費用・プランのご案内

↑ PAGE TOP