浄土真宗

寺院葬・寺院・霊園なら聖香廊

浄土真宗のご葬儀

浄土真宗(じょうどしんそう)の葬儀は「浄土宗」と間違えてしまう方も多いため、正しい葬儀の作法や流れを知っておく必要があります。 ここでは、そんな「浄土真宗」の内容や流れをご案内していきます。

スポンサードリンク

浄土真宗とは

浄土真宗とは、鎌倉時代初期に僧である「親鸞」が、師からの教えを展開させた大乗仏教の宗派のひとつです。 また、教えを展開していったのは親鸞ですが、「浄土真宗」として教団を展開していったのは親鸞ではなく、その弟子達となっています。 浄土真宗には「僧侶でも肉食妻帯が許される」「戒律がない」などといったように、その他の宗教にはない特徴があるのです。 そんな浄土真宗の葬儀では、「死者への供養ではない」という観点の元儀式が執り行われていくため、他の宗派の葬儀と内容が違ってくる部分があります。 なにより、「引導」と「受戒」の儀式が無いという点は、他の宗派の葬儀と大きく異なるポイントといえるでしょう。

浄土真宗の葬儀の流れ

ここでは、浄土真宗の葬儀の流れをご紹介していきます。 また、浄土真宗の葬儀では「本願寺派」と「大谷派」で葬儀の内容が異なってくるため、ここでは「本願寺派」の葬儀の内容をご案内していきます。

『葬儀の流れ』

①臨終・通夜
通常、枕経は故人の枕元で行なうことが多いですが、浄土真宗の葬儀では枕元ではなく仏壇、もしくは掛け軸の本尊に向かって読経していきます。

②葬儀式

  • 1.出棺勤行
    「帰三宝偈(きさんぽうげ)」のあと、路念仏(じねんぶつ)が唱えられます。
  • 2.三奉請(さんぶじょう)
    三奉請(さんぶじょう)は、阿弥陀や釈迦、十方如来などの仏様を法要の場に招く大事な儀式となっています。
  • 3.正信偈(しょうしんげ)
    正信偈(しょうしんげ)では念仏を唱え、和讃を行っていきます。
  • 4.焼香
    浄土真宗の焼香は1回つまみ、おしいただかずに、そのまま香炉に焼香を行っていきます。
  • 5.火屋勤行(ひやごんぎょう)
    火屋勤行(ひやごんぎょう)では偈文が読まれ、念仏や回向が唱えられていきます。 故人との最後のお別れとなりますので、故人の顔を拝みながら最後の挨拶を交わしましょう。
  • 6.拾骨(しゅうこつ)
    拾骨(しゅうこつ)でも、火屋勤行と同様偈文や念仏、回向が唱えられていきます。 拾骨し、骨壷に収めた遺骨は総本山へ収めることもあります。

③環骨・初七日
火葬場から持ち帰った遺骨は、仏壇の横か「中陰壇」という祭壇を準備し、遺影と一緒に遺骨も安置していきます。 その後は、そのまま「初七日法要」を待ちましょう。

スポンサードリンク

宗派別ご葬儀のご案内

↑ PAGE TOP

/body>