曹洞宗

寺院葬・寺院・霊園なら聖香廊

曹洞宗のご葬儀

中国の禅宗五家(曹洞、臨済、潙仰、雲門、法眼)の1つである曹洞宗(そうどうしゅう)は、通常と葬儀の内容や手順が異なります。 ここでは、そんな「曹洞宗」の葬儀の内容や流れをご案内していきます。

スポンサードリンク

曹洞宗とは

曹洞宗とは、前述の通り中国の禅宗五家の1つにあたります。 また、日本仏教においては禅宗に分けられ、本山は永平寺(福井県)・總持寺(横浜市鶴見区)が該当します。 日本における曹洞宗は、鎌倉時代から始まったとされており「正伝の仏法」を伝統とし、受け継いでいます。 そんな曹洞宗における葬儀では、死後に釈迦の弟子となるための「戒名」や「戒法」を授かるための『授戒』と、悟りを開き、仏の道へと導くための『引導』に重きを置いている点が特徴的です。

曹洞宗の葬儀の流れ

この項目では、曹洞宗の葬儀の流れをご紹介していきます。

『葬儀の流れ』

①通夜・臨終
曹洞宗の枕経では、お釈迦様が亡くなる寸前に弟子達に最後の説法として説いた「遺言の教え」をまとめたものを読誦していきます。 故人に代わって住職がお経を唱えることにより、その場では故人が臨終前のお釈迦様、ご遺族がその弟子達と捉える事ができるのです。 これは曹洞宗の葬儀において、たとえお釈迦様が亡くなったとしても弟子達がその心を引き継いでいくという、心の拠り所として行なう、大事な仏事に位置づけられています。

②剃髪
導師が偈を唱えながら、故人の剃髪を行っていきます。

③授戒
授戒では

  • 1.懺悔文(さんげもん)
  • 2.三帰戒文(さんきかいもん)
  • 3.三聚浄戒(さんじゅうじょうかい)
    ・十重禁戒(じゅうじゅうきんかい)
  • 4.血脈授与

などといった儀式を執り行っていきます。

④入棺諷経・挙龕念誦
大悲心陀羅尼(だいひしんだらに)と回向文を唱えていき、焼香もタイミングで行っていきます。 挙龕念誦(こがんねんじゅ)では大宝楼閣陀羅尼(だいほうろうかくだらに)を唱え、太鼓やハツを鳴らす鼓?三通(くはつさんつう)の儀式を執り行っていきます。

⑤引導法語・山頭念誦(さんとうねんじゅ)
導師が故人を仏の世界へと導く言葉を唱え、故人を悟りの世界へ導いていきます。 また、その際には山頭念誦(さんとうねんじゅ)にて、故人の仏性が覚醒するように祈願します。

⑥出棺
最後に回向文を唱えていき、鼓鈸三通を行い出棺していきます。

曹洞宗の葬儀は通常の葬儀とは異なり、「授戒」を主な目的とする前半と、お釈迦様の弟子となった故人をお見送りする、後半部分の2部制に分けられる点を知っておくと、葬儀全体を把握しやすくなります。

スポンサードリンク

宗派別ご葬儀のご案内

↑ PAGE TOP