樹木葬

寺院葬・寺院・霊園の事なら聖香廊

樹木葬とは

樹木葬 画像
スポンサードリンク

樹木葬とは、自然葬の1つで、墓石の代わりに花や木などの樹木を墓標とする形式のお墓です。 納骨の方法が多様化しており、1999年より行われるようになりました。 自然に囲まれて眠ることのできる樹木葬は、エコや自然に還るといった考え方を尊重することのできる埋葬方法です。樹木葬はどのような流れで埋葬され、どのようなメリットやデリットがあるのでしょうか? 近年注目されている樹木葬について詳しく見ていきましょう。

樹木葬の流れ

樹木葬は、生前に自分で自身のお墓として気に入ったものを選んで準備することができます。 現地見学を行い、供養プランなども確認してから契約や入金を行います。 その後、使用許可証が交付されて、樹木葬の使用者として認可されるのです。 それでは埋葬までの流れを見ていきましょう。 葬儀に関しては一般葬の流れとなっています。

1.火葬

通夜や告別式を行った後、火葬場に火葬許可証を提出して遺体を火葬します。 そのあと収骨を行い、埋葬許可証を火葬場から受け取ります。

2.納骨式の日程を決める

樹木葬を行う寺院や霊園に埋葬の日取りを連絡します。 事前に樹木葬墓地を購入している場合でも、予約をしていないと納骨・散骨できない場合が多いので、必ず事前に予約を入れましょう。 場合によってはそのまま火葬後に納骨することもあります。

3.納骨

管理者に埋葬許可証を提出して遺骨を埋葬します。 樹木の下に散骨する場合は、粉骨しておく必要性があるので、事前に確認しておきましょう。 墓地や霊園では粉骨出来ない場合が大半です。

納骨式・散骨に親族を呼ぶ範囲

納骨式の際には、特に決まった参列者の呼ぶ範囲はありません。 そのため親族以外の友人や知人でも参列が可能となります。 一般的には、個人の親族や近親者、また親しい友人などが参列します。 ただし葬儀後にすぐ納骨・散骨する場合は、葬儀に参列した人全員という場合もあります。 樹木葬にした場合も供養は可能で、献花台や礼拝堂が共用で利用出来るようになっています。 そのため、個別墓ではなくても焼香を上げたり献花することも可能です。

樹木葬のメリット・デメリット

樹木葬メリット

・自然思考
遺骨を自然に返すという点で、故人の遺志を尊重して行われる場合が大半です。 自然に囲まれて休まることができます。

・費用が抑えられる
墓石に比べると費用が抑えられます。 後継者がない場合や、年間管理費などが発生しないので維持費も抑えられます。

・生前に気に入った場所を見つけられる
樹木葬は生前に気に入った場所を実際に見に行き、契約することができます。 公園型のものからガーデニング型、里山型など場所もさまざまです。

樹木葬デメリット

・継承できない
樹木葬は一代限り、一人もしくは夫婦用で契約することが大半です。 そのため家族代々で墓を継承したいと考えている場合は不向きです。

・一度埋葬したら取り出せない
樹木葬の場合は、一度埋葬すると骨を取り出すことができません。 そのため、埋葬後のことをしっかりと見据えた上で決める必要があります。

樹木葬の相場

樹木葬は、一般的な墓石を使った個別墓よりも費用が安くなっています。 樹木葬の相場としては30万円~70万円前後となっており、種類によって費用が変わってきます。 他の人の遺骨と共に納骨する合祀型というタイプは、他の人と1本の木を墓標として共有するため安いものであれば10万円以下のものもあります。 一方で、木を共有していても名前のついたプレートを付けたりして個別スペースを設けると費用が上がり40万円前後となります。 更に、樹木を独占して個別のスペースとする場合は価格が上がり、70万円~100万円といったケースもあります。 これらを見て分かるように、樹木葬と言っても選ぶ種類によって相場は変わってきます。

スポンサードリンク

費用・プランのご案内

費用・プランのご案内

[特集]お布施の包み方

↑ PAGE TOP