浄土宗

寺院葬・寺院・霊園なら聖香廊

浄土宗のご葬儀

葬儀の作法はそれぞれの宗派によって異なってきますが、浄土宗(じょうどそう)も葬儀の一つにあたります。 ここでは、そんな「浄土宗」の内容や葬儀の流れをご案内していきます。

スポンサードリンク

浄土宗とは

浄土宗とはそもそも宗派の一つであり、「南無阿弥陀仏(むあみだぶつ)と念仏を唱えたものは、必ず極楽浄土へ往生できる」といった法然上人の教えを拠り所としています。 葬儀はその拠り所を頼りに執り行われることとなるのです。 また、浄土宗は行と徳を積み、深い境地に達した僧に対して執り行われる「尊宿」の葬儀法と、修行半ばで亡くなってしまい尊宿までは到達できなかった「亡僧」の葬儀法の2種類があります。

浄土宗の葬儀の流れ

この項目では、浄土宗の葬儀の流れをご紹介していきます。

『葬儀の流れ』

①通夜・臨終
浄土宗はお釈迦様に送り出されることにより「極楽浄土へ赴く」とされていますので、臨終に重きがおかれることとなります。 そして、故人に対して極楽往生を願う法要を執り行い、その際には「四弘誓願」を述べ、報恩の心で送り出していきます。 また、お通夜は元々「荼毘する前に夜が明けるまで線香やろうそく絶やすことなく故人を偲ぶ」という作法が取られていましたが、最近では荼毘後、葬儀社のホールなどでお通夜になるケース増加しているようです。

②葬儀式
通常枕経は、死期が迫った方の枕元で唱えるのが一般的ですが、最近では納棺前や自宅で執り行うことが多いです。 また、故人には「戒名」が授けられるため、その際にはお寺の方から故人について質問を受けることがあります。 他にも「授戒は通夜でするのが一般的」という点も知っておきましょう。

③焼香・出棺
焼香・出棺は、

  • 1.序分
  • 2.正宗分(しょうじゅうぶん)
  • 3.流通分(るつうぶん)


といった3部構成で執り行われます。 「序文」で葬場に諸仏を迎え入れ讃歎し、引導を含む葬儀の中心部分である「正宗分」を行い、「流通分」で諸仏と故人を送り出していきます。

また、儀式は地域によって異なり、省かれる点もあるので不明点はお寺の関係者に問い合わせてみましょう。

納骨と年回法要

葬儀が終了しましたら、納骨~年会法要といった流れとなります。 また、年回法要は「一周忌」→「二年目に三回忌」→「六年目に七回忌」と続いていきます。 初めての浄土宗を執り行う場合、不明点の多さから不安に感じてしまう方もいらっしゃるでしょう。 その場合は、自分だけで悩むのではなく、葬儀社やお寺の関係者の方へ不明点を相談してみることをおすすめします。

スポンサードリンク

宗派別ご葬儀のご案内

↑ PAGE TOP